マンション購入でインフレ対策

マンション購入でインフレ対策

マンションの不動産でインフレ対策

マンションに投資をすれば、インフレ対策になると考えられることも多いようです。インフレというのは、ここ十数年の日本にはない事ですから、恐ろしさを忘れてしまっている人も多いでしょう。インフレの恐ろしさを実感した世代の人にとっては、インフレ対策が必要というのは痛いほど分かるでしょう。インフレによって影響を受けるのは現金や預金などです。インフレでは物価が上昇しますが、違う側面から見れば貨幣価値が下落しているという事になるのです。銀行預金などでは利息を得る事もできますが、その金利とインフレ率とを比較すると、インフレ率のほうが大きくなることも多いでしょう。そうなれば、資産の価値としては減少してしまうということは容易に想像できるでしょう。
マンションへの投資はインフレ対策になるという傾向があります。インフレになったときには、不動産価格も上昇するのです。行き過ぎたインフレになった場合であっても、不動産の価値はそれ以上に上昇するという事が考えられます。ですから、マンションに投資をしていれば、それだけでインフレ対策になるという傾向はあります。インフレに弱いのは現金や預金、債券などです。インフレに強い資産は株式や不動産という事になります。現在は日銀もインフレに誘導するような政策を行っていますから、インフレの可能性はあると言えるでしょう。インフレ対策として資産の一部を不動産に移行して置くというのも良いと考えられるのです。古くから、資産は株式と債券と不動産に分散するのが良いと言われる事も多いようです。不動産に投資をする方法の一つとしてマンション経営をするという事が考えられるのです。また、マンションを所有するのではなくて、マンションに投資をしているファンドに投資をするというのも良いと思います。あるいは、不動産証券などに投資をするということも考えられるでしょう。このような事を考えて資産運用全体を考えて行く事が必要となってくるのです。

■注目の情報